お知らせ

現在のページは
HOMEの下層の
お知らせの下層の
「4月1日生まれの人は、なぜ早生まれ?」です。

「4月1日生まれの人は、なぜ早生まれ?」

2019年3月31日

毎日のように新しい命が誕生しています。その中で、毎年この時期になると、早生まれを期待するお母様がおられる一方で、4月生まれを期待するお母様もおられます。

ところで4月1日生まれの赤ちゃんが早生まれ(3月生まれの赤ちゃんと同学年)になるのはなぜでしょう?

・民法上、歳を取るタイミングは、誕生日当日ではなく”誕生日前日の深夜12時”と規定されています。

・4月1日生まれの人は3月31日の24時に歳を取ることになります。実際は4月1日の0時と同じなのですが、法律では”3月31日の24時!!”だそうです。

・小学校への入学の場合は学校教育法で”子女が満6才に達した翌日以降における最初の学年の初めから小学校に行く”というふうに定められています。

・4月1日生まれは民法上、3月31日に6歳に達っしているので前年度の入学になります。

ということで、4月1日生まれの赤ちゃんは、早生まれとして学校へ入学することになります。

ちょっと難しいですが、可愛い赤ちゃんが元気に産まれてくれば、4月1日産まれでも2日産まれでもよいですよね。